家族・親族関係

夫婦、離婚に関する問題

家事事件というとまず出てくると思われるのが、離婚問題です。
裁判においては人事訴訟と言います。

しかし、実際に離婚する際に争いが起きたとしても、すぐに裁判を開始するわけではありません。基本的に、現在のお住まいの地域を管轄にもつ家庭裁判所にて手続きをしますが、まずは書面からの手続きになります。

はじめに、離婚をもとめる原告が離婚訴状を提出し、被告が答弁書をもって訴状内容に対して反論します。このような「離婚訴状」や「答弁書」の書き方や、書面を作成する際に必要な情報などのアドバイスを弁護士よりさせていただくことができます。

遺言、相続、遺産分割

親族が亡くなってしまい遺産分割をする場合、重要となるのは遺言書の有無やその内容となります。遺言書があった場合、その正当性や相続の内容を巡って争いが起こる場合があります。

近年は知名度が上がってきたようにも思いますが、相続にあたって財産より負債の方が多い場合は、相続放棄ができたり、遺言書で「相続は無しだ」と書かれていたとしても正式な相続人である場合、遺留分を請求することができるといったケースもあります。

遺言書作成に関するご相談も受け付けております。
来所される際には、相続されるであろう財産についての情報をご準備ください。
ご希望の方はまずお電話にてご予約ください。

成年後見

成年後見とは、認知症、知的障害、精神障害などによって判断能力が不十分である人を保護する制度です。

ご予約はお電話を優先しておりますので、下記の番号までお電話ください。

0948-22-6135

営業時間 月曜~金曜(祝除く)
9:00~17:00
ご相談料 30分 4,400円(税込)

 ご質問の方もお気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせはこちら